車両火災寸前

トヨタのラウム(平成12年式、走行11万キロ)ですが、パワーウィンドウが上がらなくなった、ということで入庫。
詳しく聞くと右の後ろのガラスがスイッチが固着して上げられないとのこと。
試してみると確かにスイッチ自体が動かなくなってます。
ということで分解。

右の後ろのスイッチが接点が熱くなってプラスチックのケースを溶かしケースから飛び出してます。

直接の原因はレバーの支点が折れたことです。

原因は支点が折れたことにより、スイッチが「上昇」側に接点を押し続けた形になり、その結果長いこと電流がモーターに流れ続けたため接点が発熱、その熱でケースを溶かし接点が露出、それで上にも下にもガラスを動かすことができなくなった、というわけです。
これがこの部分が溶けただけで大事には至りませんでしたが、一歩間違うと配線やモーターが熱で発火する恐れがありました。
パワーウィンドウスイッチは大きな電流を扱うので不具合があると熱による焼損がいろんなところで起こります。
ヴィッツも原因は違いますがスイッチのリコールがでています。
これも燃えた車があったからです。
まあ今回はそこまで行かずスイッチの交換で済んでめでたしめでたし。

ご入庫ありがとうございました


車検のご入庫ありがとうございました。
インターネットで当店を見つけて頂きご入庫頂きました。
メールでのお問い合わせの後、実際お車を見積もりさせて頂き、昨日お渡ししました。
オイル交換などの細かいお仕事もしてますのでまたのご入庫お待ちしております。

ひょんなご縁

http://blog.shaken28.com/?eid=975590
以前このブログで奈良の
平城遷都1300年祭用のハートフルカート
について書きました、そこを見た別の企業さんから問い合わせがありました。
当然うちで作って売ってるわけではないので「お手伝いしただけです」とメールでお返事をしましたが、なんかそれだけでは何となくすっきりしなかったので、実際カート作成に携わった友人に連絡を取ると、相談に乗るよ、とのこと。
その旨を企業さんに連絡差し上げました。
たいそう喜んで頂き早速直接連絡しますとの返事を頂きました。
これで話が進んで商談成立したらなんかすごい縁ですよね。
どうなるでしょうか・・・・