VQ37VHRエンジン プラグ交換

車検で入庫のスカイラインクーペ。
CKV36 平成20年式 97000キロ
VQ37VHRエンジンのプラグ交換を実況中継(笑)
オーナーさんも見てね~
カバーを外すところから。
ss-P1060531.jpg
ss-P1060532.jpg
こんなところにイグニッションコイルが有り、その下にプラグが・・・
ss-P1060533.jpg
とにかく上にあるものをひたすら分解。
V型エンジンなので左右に3個ずつ分かれてます。
助手席側から手を付けます。
ss-P1060539.jpg
ss-P1060537.jpg
ss-P1060538.jpg
次は運転席側
ss-P1060539.jpg
ss-P1060540.jpg
ss-P1060541.jpg
ss-P1060542.jpg
ss-P1060544.jpg
ss-P1060545.jpg
ss-P1060546.jpg
やっと吸気ダクトが外れたので次はスロットルチャンバーの取り外し。
4本の六角ボルトで止まってます。
ヘキサゴンレンチ(六角レンチ)で外します。
ss-P1060548.jpg
ss-P1060549.jpg
ss-P1060550.jpg
ss-P1060551.jpg
ここまで外してやっとイグニッションコイルさん、こんにちは!
ss-P1060552.jpg
ss-P1060553.jpg
この助手席側の一番後側のコネクターが外しにくい。
ss-P1060557.jpg
やっと外れた
ss-P1060558.jpg
そしてプラグさん、こんにちは~
ss-P1060559.jpg
最近のプラグはネジの部分が細いので、今までのソケットレンチより、より細いレンチが必要。
買ってて良かった・・・
もし買ってなかったらこの時点で立ち往生するとこでした。
ss-P1060561.jpg
そしてついに一本はずれました(笑)
あと5本・・・
ss-P1060562.jpg
ss-P1060563.jpg
ss-P1060564.jpg
やっと片側の3本が外れました。
ss-P1060567.jpg
と、作業中ふと目をやるとラジエーターホースからの水漏れ発見。
部品を注文。
見つけることができて良かった。
ss-P1060568.jpg
ss-P1060569.jpg
外れたプラグ。
左 新品 右 古い方
ss-P1060572.jpg
と言うわけで新しいプラグを取付、イグニッションコイルを元に戻します。
ss-P1060573.jpg
スロットルチャンバーのパッキンは再使用不可なので交換です。
ss-P1060574.jpg
ss-P1060575.jpg
スロットルチャンバーまで復元完了
ss-P1060576.jpg
吸気ダクトを復元して、片側終了。
ss-P1060577.jpg
このあと反対側も同じような手順で交換です。
そうしてスロットルチャンバーまで復元。
ss-P1060578.jpg
そして完成。
ss-P1060579.jpg
長らくの閲覧ありがとうございました。
無事プラグ6本交換できました。
お疲れ様でした!

カテゴリー: 修理   作成者: てんちょー パーマリンク

てんちょー について

専門家や職人は仕事の話をするときに専門用語やら隠語を使わないとお客さんと会話できないという習性に疑問を持ち、自動車に関して自分の知ってることや機械の原理をいかにわかるように説明できるかを考え続けてるちょっと変わった自動車修理の職人。 仕事の質ももちろん、その仕事の内容をお客さんに理解してもらうことを自分自身の生き甲斐にしてるおっさんである。

VQ37VHRエンジン プラグ交換」への2件のフィードバック

  1. 丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。スロットルチャンバーのパッキンは再使用不可とありますが、パッキンはディーラーで注文するのでしょうか?

  2. 私どもは日産部品販売から直接購入しますが、一般の方なら整備工場経由でないと手に入らないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。