故障診断は基本通りに・・・・

マイカーのアルトワークス CA72V 昭和62年式 走行135000キロ
夜間走行中、ふと気がつくと前が暗い。
え~?とヘッドライトのスイッチをオンオフしたら
ヘッドライト点いてない・・・
上向きにすると普通に点く。
下向きだけが左右点いてない。
家のほん手前で近かったのでそのままドック入り。
休みの日に残業(笑)
この車にはヘッドライト自動減光装置が付いてます。
信号待ちしてるとヘッドライトをやんわり暗くしてくれる優れもの。
いまは製造中止になってヤフオクなどでしか手に入りません。
それらを含めて故障診断開始。
「この車古いもんな~、配線が劣化して断線したか?ひょっとしてライトスイッチが逝ったか」
この診断のスタートで既に間違いが始まって、基本を見失ってしまいました。
頭から配線の劣化、もしくは減光装置の故障、もしくはヘッドライトスイッチの故障、しか頭に浮かばず、そのあたりを右往左往。
ss-P1030961.jpg
確かに配線も劣化しててちょっと引っ張ったらちぎれたりしたのできれいに引き直して、
やっぱりココ!か、自己満足。
ss-P1030962.jpg
けれど相変わらず点きません。
配線図とにらめっこしてあ~でもないこ~でもない、と行ったり来たり。
すっかり頭がに煮詰まってしまい、途方に暮れてしばし放心状態。
これはやっぱりスイッチしか考えられへんな・・・
古いから部品有るかな?
この時点で診断開始から約2時間。
23時になってました。
など考えて取りあえずコーヒーブレイク。
コーヒーを一口飲んだ瞬間、整備の神様が
「ヘッドライトの球切れてんのと違う?」
とお告げが・・・
事務所を飛び出して中古のヘッドライト球を接続。
下向きのヘッドライトはあっさり点きました。
原因は左右のヘッドライト球がわずかな時間差で同時に切れたこと。
上側の光る部分のフィラメントが無くなってます。
ちなみに下側のフィラメントは上向きの時に光ります。
ss-P1030963.jpg
ss-P1030964.jpg
片方が切れると近いうちにもう一方も切れる。
ヘッドライトは左右同時に働いているのでこの鉄則は我々整備士のセオリーです。
今回はそれが数分のうちに起こったと言うことです。
裏返すとさすが日本の工業製品。
品質管理が完璧で部品の寿命のばらつきがなさすぎて2個が同時に寿命を迎えたのか?(笑)
なにはともあれ、ライト点かなかったらまずは「球」点検という「鉄板中の鉄板の手順」を怠ったため思わぬ遠回りで無駄な時間を使い、神経をすり減らしてしまいました。
作業終わったら「ぐったり」・・・
基本を守る、と言うありふれた言葉を改めて実感。
また次の診断からがんばります。
ま~自分の車で良かった言えば良かった・・・・かな?

顧客管理アプリ 入れ替え

顧客管理ソフトを刷新。
ss-DSC_0187.jpg
前の管理ソフトはリース終了しても、ソフト会社の再三の売り込みにもめげず使い続けてきた。
「リフトとか工具は金生むけど管理ソフトはいっこも儲けさせてくれへん」
と言う勝手な理論で・・・
けど、XPの終焉と共にOSと一緒に思い切ることにした。
業界ソフトなのでどうでもええことですが、ソフト名はプロトリオス社製の「PIT3」
ノートパソコンを顧客管理専用に新調してそこにインストール。
もともと付いてた500Gのハードディスクをわざわざ128GのSSDに入れ替えて使うのもこだわり。
期待してた通り起動は爆速。


恐るべしSSDのファイル読み書き速度。
Windowsは8.1には行かず7にしとくのが何かしらのこだわりかな?
windows「9」はすばらしいOSになると思う(笑)
考えれば今使ってるパソコンもハード的にもここらで更新しておく方がトラブルを抱え込む確率も少しは減るかな~と言う感じ。
ま、少々トラブっても何とか乗り越えることは出きる自信はあるけれど、乗り越える作業を考えたら根気が失せてきた(笑)
このあたりでリスクを一つ回避しておこうと思うけど、OS替わって環境を整えるのがまた一苦労
考えたら気が重くてなかなか思い切れない…

車検のご入庫ありがとうございます!

泉大津で車検工場を探していて、当店を選んでいただきご来店。
お見積の上、作業内容を相談させていただきベストプライスでの車検を引き受けさせていただきました。
日産マーチ AK12 平成17年式 走行57000キロです。
ss-P1030703.jpg
以前に雪国での使用歴が有り、ブレーキローターの錆がひどく研磨修正と同時にブレーキパッドの交換です。
ブレーキローターを外していきます。
ss-P1030705.jpg
ss-P1030708.jpg
ローターを外すためキャリパーサポートと呼ばれる部品を外します。
ss-P1030709.jpg
ローターを外します。
通常は簡単に外れるのですがこのあたりは雪国を経験してるお車。
錆で完全に固着してまして四苦八苦。
あの手この手で外れました。
ss-P1030710.jpg
ss-P1030712.jpg
ローター研磨は専門業者に任せて、ブレーキまわりの部品を清掃していきます。
ss-P1030714.jpg
ss-P1030716.jpg
次は後ブレーキ。
ss-P1030719.jpg
ss-P1030720.jpg
ss-P1030721.jpg
後ブレーキは残量OK、オイル漏れなどもなく大丈夫でしたので組み立てます。
軸のボルトはトルク管理をしっかりしないとベアリング壊れますので規定トルクで締め付けます。
ss-P1030725.jpg
ss-P1030726.jpg
ちょっとお化粧しておきましょう。
ss-P1030728.jpg
ブレーキフルードの入れ替え
ss-P1030729.jpg
そしてエンジンオイル交換。
エアコンフィルターの交換。
このお車もグローボックス取り外し必要のお車です。
ss-P1030731.jpg
ss-P1030732.jpg
ss-P1030733.jpg
ss-P1030735.jpg
ss-P1030738.jpg
ss-P1030739.jpg
ss-P1030741.jpg
ss-P1030742.jpg
というわけで新旧フィルターさん同士がこんにちは・・・
ss-P1030743.jpg
替えたら組み立てます。
バタンと開かないように設置されてるダンパーのひもを忘れないように。
ss-P1030748.jpg
ss-P1030749.jpg
ss-P1030750.jpg
ss-P1030752.jpg
ss-P1030754.jpg
いつもながら「この構造にした設計者に交換作業をさせたい」と思わずにはおれません(笑)
そうこうしてるうちにローター研磨ができあがってきたので前ブレーキ組立開始。
今度は錆びないように外周やら内周あたりに耐熱塗料を塗っておきます。
ss-P1030755.jpg
ブレーキパッドが動くところをしっかりグリスアップ
ss-P1030756.jpg
ss-P1030757.jpg
ブレーキ掛けたときに「鳴き音」がしないようにグリスアップ。
ss-P1030758.jpg
ss-P1030759.jpg
ss-P1030760.jpg
ss-P1030761.jpg
ss-P1030762.jpg
パッドを取付、キャリパーを取り付けて完成!
ss-P1030763.jpg
泉大津のHさま
おおよその整備内容はこんな感じでした。
当店を選んでいただきありがとうございました。
その他の故障やら整備もご相談にのりますのでせいぜいご利用ください。