車検を安くする方法

車検の時の負担を抑えてなおかつ快適に載る方法には「時期をずらして修理してコストを分散させる」という手法があります。
エブリイ DA64V 平成20年式 走行113000㎞
ss-P1110150.jpg
半年前に車検でしたが、コストの分散のためわざと時期をずらして、消耗品を交換する作戦実施。
今回はオイル交換はもちろんのこと、タイヤがメインでしたが、この半年でブレーキランプ球が切れたり、エアコンの室内ファンが重くなって風が出なくなってきたとのこと。
タイヤを外したのでついでにブレーキまわりも確認。
車検時の全く自己本位なこだわりでディスクブレーキローターの耐熱防錆塗装をしてしまったりして(基本料金内デスよ~)、余計な時間がかかってますが、それがちゃんと効いてるのを確認したり、後ブレーキの防錆塗装もちゃんと光ってるなあ、と自己満足でひとりニヤニヤ(爆)
ss-P1110154.jpg
ss-P1110153.jpg
回転軸が重くなって回りにくくなったファン。
これも消耗品。
ss-P1110155.jpg
ブレーキランプ球もお疲れ様。
ガラスが真っ黒。
ss-P1110156.jpg
この形式のエブリイはハイマウントブレーキランプは小さい球が4個光るタイプ。
リヤゲートの開け閉めするときの振動でどうしても寿命が短め。
ss-P1110157.jpg
4個のうち2個切れてました・・・・
ss-P1110158.jpg
車検時に集中させるのではなく時期を分散して消耗品手当をするのがコストの分散になって、一度のだくさんの出費を抑えて同じ金額を払ってもらうにしても心が軽くなるでしょう。
商売とは言えたくさんのお金がかかったときは自分もちょっと心が重くなります。
なおかつ作業時に我々が車を目視するだけでも一種の点検になるわけで快適なカーライフをすごすひとつの手段です。
時々そこから派生して「いたんだ部分と新たに目があってしまう」てなこともあります。
見なかったことにしよう、聞かなかったことにしよう、はなかなかできませんね(笑)
仕事用のお車は車を止めるというのはなかなか難しいでしょうけど、仕事用だからこそ止まってしまうと大変です。
意を決して点検する日を設置してトラブルのない毎日を過ごしましょうね。
と言うわけでエブリイは待ち焦がれてるオーナーさんの元へ帰って行きました。
しっかりお仕事してね~

ワゴンR コラム の中古車情報です。

当店ではめったにお知らせすることのない中古車情報です。
スズキのワゴンR 平成10年式 E-CT51S 走行約48000キロです。
グレードは「コラム」でフロントマスクが専用の部品で普通のワゴンRと違います。
丸目のかわいらしいヘッドライト、また前のシートがベンチシートになってるのが特徴です。
当店が代車としてずっと手入れして乗ってましたが手放すことになりました。
うちで長いこと働いてたので愛着もありますが代車整理のためどなたかに乗っていただけたらと思います。
セールスポイントは
2月に車検を継続したところなので約1年11ヶ月車検が残っています。
平成29年2月まで車検有りです。
もうちょっと乗るつもりでファンベルトやらワイパーゴム、エンジンオイル&フィルター、ブレーキフルードなど交換、エアコンガスのリフレッシュ作業をしてしまいました(笑)
捨てるのには余りにもったいないのでどなたか買ってもらえませんか?
価格はタイヤを新品にして24万(税込み)のぽっきりです。
3月28日(土)まで当店に置いておきます。
その間に売れなければオークションに出品しますので、もしご縁があるようでしたらお問い合わせください。
あとネガティブな情報としてはホイルキャップは経年劣化で爪が割れてます。
走行すると外れる恐れがあるので外してお渡しすることになると思いますのでご容赦ください。
クリックするとちょっと写真が大きくなります。
ss-P1110085.jpg
ss-P1110086.jpg
ss-P1110087.jpg
ss-P1110088.jpg
ss-P1110089.jpg

キャラバン 暖まるとエンジン止まる

ニッサン キャラバン VPE25 平成15年 走行71000㎞ KA20DEエンジン。
最初は信号待ちでエンストする、という症状を聞いてましたが、ご来店いただいたときはすこぶる快調でその時はプラグのかぶりかなあ?ということでしばらく症状の把握ポイントをお知らせしてしばらく走ってもらうことにしてました。
そうこうするうち、エンジンが冷えてるときは調子いいけど、暖まってくると止まることがわかってきました。
またその止まったときは別の人の診断で「火花が出ていない」ということもわかってきました。
いろんな情報が集まると故障箇所の特定に大きな手がかりとなりますので助かります。
火花が出ていない、というのは非常に大事な情報をいただけましたので、そのあたりを重点的に診断。
ディストリビューターのキャップとローターは交換済み。
ローターの電極の消耗がすごいので交換してはみたものの症状再発なので原因の絞り込みは一段階クリア。
ss-P1110063.jpg
ss-P1110065.jpg
診断機を繋ぎながらエンジン制御系の値とにらめっこ・・・
ss-P1110061.jpg
そうこうしてるうちに、エンジンが揺れ出して、診断機のリアルタイム診断で エラーコードP0340をキャッチ。
目の前で症状が出てくれたのはラッキーでした。
P0340はエンジンの回転を監視するセンサー、クランク角センサー、等とも呼ばれるセンサー系のエラーコード。
センサーはディストリビューター内蔵型。
というわけで制御系の配線図を取り出して実験開始!
ss-P1110066.jpg
たぶんセンサー内の半導体が熱中症になって意識を失ってる、と推測。
意識があるか声をかけてみる(笑)
ss-P1110067.jpg
ss-P1110070.jpg
なんか既に値が変で意識混濁してそう・・・
ss-P1110071.jpg
サウナに入れてみます。
ss-P1110072.jpg
この一コマ、一コマを読み取れてるかを聞いてみましたが既に意識を失っておられました。
ss-P1110074.jpg
ss-P1110075.jpg
センサー単体での部品設定はなくディストリビューター全体の交換を余儀なくされました。
高いんよね~これ。
なので余計に「これが本当に悪いの?」って決定するのを最後の最後まで決めかねてましたが、一晩おいて冷えたら意識回復、サウナに入れたら意識を失うことを確信したので部品発注。
ss-P1110076.jpg
ss-P1110077.jpg
いまでは本当に少なくなった点火時期の「調整」
久しぶりにしました。
ss-P1110079.jpg
その他の値をモニター
ss-P1110078.jpg
30分ほど暖機してみましたがエンジンは絶好調。
診断は当たったようです。
部品が高いときは本当に神経すり減ります。
というわけでキャラバンはまたオーナーさんの元に帰って行きました。
しっかりお仕事してね~