臨時休業のお知らせ

rinji.jpg
来る10月5日(木)から自分の体の修理のためお休みさせて頂きます。
そのまま「泉大津濱八町だんじりまつり期間中」になるためお祭り開け10月10日(火)に営業を再開する予定です。
ご不便をおかけしますがご容赦願います。
ちなみに10月2日(月)は11時から14時まで修理方法の説明を聞きに行くので留守です。
ご用のある方は14時以降でお願いします。

競技用の車でのブレーキ配管のエア抜き作業

ブレーキメンテナンスのひとつに「配管内のエア抜き」という作業があります。
一般の方はたぶん一度もすることでないでしょうし、またしてる場面を見ることもないでしょうけど、自動車整備のなかではとてもポピュラーな部類の作業で、基本的な知識の部類にも入ります。
新人整備士で車検作業を覚えるときにはたぶん先輩整備士とタッグを組んで教えてもらう作業の一番最初かも,という感じです。
たまたまYoutubeでWRCというカテゴリーのラリー中に大破した競技車を次のステージに走れるようにする緊急メンテの様子を捉えた動画を見ました。
整備士である自分にとってはラリー中の現場での応急手当とはどういうものなのかをマニア目線でじっくり見てました。
その中でブレーキキャリパーを含む足回りの交換のあと冒頭のエア抜き作業が映ってまして、世界レベルの競技車両でも「エア抜き」は自分たちがやってる作業を同じ事をやってるんだという場面でひとり感動!
ブレーキペダルを押し込む係とブレーキキャリパー側でブリーダーを緩める係。
2人が声を掛け合って作業を進める我々が普段やってる作業のまんまです。
というわけで30分ありますがそのうちのエア抜き場面からスタートです。
出来れば全画面のほうがよくわかります
興味がある方は最初から見てください(笑)

競技車両というのはいろんな工夫がされてて市販車とは一線を画したものなんですが、それゆえ「同じ作業をやってる」というところに変に感動してしまいました。
マニアな話でした。
 

そこに猫がいて飯を食った・・・

トヨタのアクア、車検でご入庫です。
エンジンルームに猫が侵入、というのは我々整備業界の者からすると
あたりまえ
のことなんですが、一般ユーザーの方はまだまだ認知されてないですし、「自分の車のエンジンルームに猫」ということも信じられないようで説明すると一様に皆さん、目が点、になられます。
どこから入るの?
やけどしないの?
そんなばかな
と言う反応が多いです。
日産自動車も「猫バンバン」というキャンペーンをしてます。
乗る前にボンネットをバンバン叩いて寝てる猫を起こしましょう、というキャンペーンです。
エンジンの始動とともにうろたえた猫が回転部分に巻き込まれるの防ぐためです。
猫の命も大事です。
それよりもオーナーさんの心の傷が深くならないように・・・という思いを込めてのキャンペーンです。
論より証拠
なにやらエンジンルームでお食事をしたようです。
ss-P1160975.jpg
ss-P1160974.jpg
ss-P1160976.jpg
どこかで拾ってきたパンをむしゃむしゃしてるうちにひとかけら狭いところに落としたようですね(笑)
時間による風化とエンジンルームの熱でカピカピになってましたよ。
走ってきてエンジン止めて、ほどよく冷めたエンジンの上は猫ちゃんにとって最高の寝床でありリビングルームです。
皆さんが思ってるほどエンジンルームは密閉された空間でなく、特に車の下部はスカスカな隙間だらけなのでいとも簡単に猫は浸入できてしまいます。
乗る前ちょっとした心がけでみんなハッピーですよ!