公道ウルフ 野口賢先生がなんとご来店!

「絵心のない芸人」というアメトークの時は下手な方の芸人さんの気持ちがわかる自分です。
見たまますら絵にできないので「~という状態を書きなさい」なんて無理ゲー・・・
絵の上手な人というか見たままを紙に書ける人が羨ましい人生を送ってきました。
似顔絵書くとかとかほんとできない・・・
そんな自分なので漫画を書く人なんて雲の上の人に思えてます。
なのでほんものの漫画家さんとお会いできる日が来ようとは夢にも思ってなかったですが実現しました。
ヤングチャンピオンに現在連載中の「公道ウルフ」という作品があります。
何度かこのブログでもご紹介したことあるのですが、いろんな偶然が重なって物語に出てくるお店の名前が
「双葉モータース」。
うちのお店の正式名称は「二葉モータース」。
ss-DSC_2920-76cfc-thumbnail2.jpg
そんなこんなでご縁があり物語に一部背景にうちのお店が登場します。
ss-DSC_2918-44887-thumbnail2.jpg
その上になんと作者の野口賢先生がはるばる関東からご来店!!!!
いろいろ車談義をさせてもらい、なんとサインまでいただいて超うれしい!
ss-DSC_2911-thumbnail2.jpg
物語にはいろいろ国産車が出てきてそれが自分の年齢とまるかぶりの車ばっかりでめちゃくちゃはまってます。
昭和生まれの車好きの「おっさん」ならはまること間違いなし。
ストーリーもほんと素晴らしい展開です。
現在単行本が1~6巻まで発売中。
ぜひぜひ購入してください!!
ワンシーンに出てくるうちのお店もよろしく(笑)
ご興味があればポチッとな
https://amzn.to/3LVPyol
1~6巻までまとめ買いして野口先生を応援してください
よろしくお願いします!!

アルト ワゴンRなどのタイロッドエンドブーツ交換専用工具

アルト HA24S 平成21年式 走行100000㎞
車検でご入庫です。
オーナーさんが自ら消耗部品を管理されているので年式や距離の割にはとても手入れの行き届いたお車です。
なのでお仕事させていただく部位も日頃からいじる場所では無く10年に一度作業するとかの部位です。
何カ所か作業させていただきましたがその中のタイロッドエンドブーツの交換の様子です。
タイロッドエンドのナットを外すために割ピン外します。
ss-DSC_2806-thumbnail2.jpg
つぎにナットを緩めます。17mmです。
ss-DSC_2807-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2808-thumbnail2.jpg
テーパーの付いた軸で嵌合されているためナットを緩めただけでは外れなくて何らかの方法で嵌合を解き放たないといけません。
その方法は工具もいろいろ、整備士さんごとの方法いろいろ、なんですがうちではネジに締め込んでハンマーでたたくという工具を使ってます。
これを使うようになってからハンマーを使う力が減りなおかつ仕事が早くなりました。
実際使ってる工具はHASCO製。
同じような工具はKOTOさんからも出てます。

ナットを外したネジ部分に専用工具をねじ込みます。
ss-DSC_2809-thumbnail2.jpg
1~2mm隙間を空けて取り付けたあと工具のおしりをハンマーで殴ります。
そうすれば嵌合が外れてくれます。
ss-DSC_2812-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2813-thumbnail2.jpg
ご覧の通り軸に少し傾斜が付いてますね。
ss-DSC_2814-thumbnail2.jpg
タイロッドエンドの軸が外れたらブーツを取り付けてるスプリングを外します。
細いドライバーでほじほじするか一旦ブーツごと外してスプリングを分離します。
ss-DSC_2816-thumbnail2.jpg
痛んだブーツをを外して中の古いグリスを拭き取り、新しいグリスを盛って入れ替えて新しいブーツを取り付けます。
ss-DSC_2817-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2818-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2820-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2821-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2822-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2823-thumbnail2.jpg
最後にまた外したスプリングを付け直しますが、これがまた付けにくい。
この取付方法もいろんな方法&整備士ごとに慣れた方法があります。
自分はスプリングのインサーターを持ってるのでそれを使います。
これが時間的には一番早いですね。
ss-DSC_2824-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2825-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2826-thumbnail2.jpg
内側の筒にスプリングをセットして外側の筒でスプリングを押し下げます。
ss-DSC_2827-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2828-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2830-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2832-thumbnail2.jpg
スプリングがはまったらあとは元通りにナットを締め付けて割ピンを装着して完了。
ss-DSC_2834-thumbnail2.jpg
このスプリングを取り付ける専用工具は結構昔からあったのですが高額でなかなか手が出ませんでした。
でもストレート社が結構気楽に買える金額で発売してくれたので購入のきっかけとなりました。
これがあれば早く確実に、そして「楽ちん」に作業ができるようになったのでブーツの交換が気楽に行えるようになりました。
時短もできるようになったので心に余裕ができましたのでひとつ買っておいてもいい工具だと思うのでオススメです。

これ以外に車検作業として
カムカバーパッキンの交換
PCVバルブのパッキン交換
そしてスナップオン社製
カーエアコンサービスステーションによるエアコンガス規定量充填サービス
などなどを終えてアルトはユーザーさんの元へ帰って行きました。
末永く元気に走ってね!!

SNAP-ON カーエアコンサービスステーション DUALPRO 作業の様子

DUALPRO_1.gif

エアコンのシステム内のガスの量は重さ、つまりは「グラム」で決められています。
自動車を設計したときにこの車のエアコンの能力を発揮するにはこれぐらいの重さのフロンガスが必要、となっているのです。
整備するときに実際その自動車にエアコンガスがどれくらい入ってるのかを計るのは、一度全部引っ張り出して(回収)してその重さを量ります。
こうしないとわからないんです。
ガソリンスタンドや設備が揃ってない整備工場ではマニホールドゲージというメーターが2個ついた工具を使っていちおう「診断」します。

ss-P1090488-thumbnail2.jpg
ss-P1090486-thumbnail2.jpg

マニホールドゲージでわかるのは「ガスの流れを推測」することです。
人間で言うと血圧計では血の流れを推測できますが体全体の「血液量」はわからないということです。
流れも大事ですがもっと大事なのは
量が規定量きっちり入ってることが前提条件で、まずそれが合格した上での流れ方はどうかな?
と言うのがエアコンガスの診断です。
デンゲン社のエコマックスもスナップオンのカーエアコンサービスステーションも基本的な動作は一緒です。
回収⇒量の計測⇒配管内の真空引き⇒規定量の充填
です。
エアコンサービスステーションデュアルは回収して重さを量り、真空引きのあとのガス充填の所に
精製装置により純度の高いフロンガスを使う
ところが素晴らしい機能です。
134aと1234yfという2種類のエアコンガスに対応。
ハイブリッド車に使われている電動コンプレッサー対応のオイルも既存のオイルと混じること無く対応できる。
のが大きな特徴です。

DUALPRO_3.gif

実際の動作を見て見ましょう。
カーエアコンサービスステーションデュアルを接続

ss-DSC_2692-thumbnail2.jpg

施工する車両のガスの種類やら使用するコンプレッサーオイルなどを選択

ss-DSC_2564-thumbnail2.jpg

画面の一番上の動作表示が進んで行きます。
回収
全量回収した時点で初めてその車にガスがどれだけ入ってたがわかります。

ss-DSC_2691-thumbnail2.jpg

つぎの工程の配管内の真空引き。
真空にするというのは配管内に空気が混じらず100%フロンガスを満たすという意味と、使用過程で発生する水分を蒸発させる(真空では水は100℃にならずとも蒸発します)ためです。
それと同時にDUALPROは回収したガス+新品のガスを精製し始めます。
再生というのがその表示です。

ss-DSC_2696-thumbnail2.jpg

真空引きが終わるとエアコンの効率を高めるオイル添加剤などを注入
注入と言っても押し込むのでは無く「引き込まれる・吸われる」という感じが正しいですね。

ss-DSC_2697-thumbnail2.jpg

そして純度の高められたフロンガスを設計通りの量をきっちり測って注入。
(これも真空の配管に吸われるという感じです)

ss-DSC_2698-thumbnail2.jpg

これら一連の作業を自動的に行ってくれます。
もちろん単体作業をマニュアル動作で選ぶことも可能。
注入するコンプレッサーオイルの缶にもフロンガスが含まれているので充填するオイルはその分をひいて設定するというのも大事な工程。
でないと入れすぎになります。

ss-DSC_2690-thumbnail2.jpg
ss-DSC_2710-thumbnail2.jpg

とまあこんな流れの作業です。
エアコンの配管にはゴムを使ってる部分があり、また接合部分にもゴムでできたパッキンがあるので自然に漏れていきます。
タイヤの空気と同じですね。
なので定期的に補充してエアコンの能力を低下させないようにするのが大阪の暑い夏を乗る越えるための必須条件です。
気になるお値段ですが
軽自動車や普通自動車などの134aガスを使った
ベルト駆動のコンプレッサー車 13200円
補充ガス200gまで含む
エアコンの効きを良くする添加剤(オプション)3300円
電動コンプレッサーを使ったハイブリッド車 16500円
補充ガス200gまで含む
エアコンの効きを良くする添加剤(オプション)3300円
1234yfガスを使ったベルト駆動のコンプレッサー車
16500円
補充ガス100グラムまで含む。
それを越えた場合10グラム770円。
1234yfガスを使った電動コンプレッサーのハイブリッド車
19800円
補充ガス100グラムまで含む。
それを越えた場合10グラム770円。
全て税込み価格です。
2022年5月21日現在、フロンガスやコンプレッサーオイルなどの価格高騰の折、価格改定の可能性はなきにしもあらずなことをご容赦ください。
1234yfガスは定価そのものが高いので驚かないでくださいね。
あとカーエアコンサービスステーションデュアルはエアコンの「配管内の洗浄」ができるのも大きな特徴です。
そのあたりもまたお知らせしていこうと思ってます。
またまた続く・・・・
続きはこちら