ふたば車検

泉大津市の「ふたば車検」のブログ。
車検をはじめとする工場の日常や車に関する豆知識を紹介。
ふたば車検公式ホームページはこちら
日産モコ(スズキMRワゴン) ラジエーターのアッパータンク割れ
日産モコ 平成20年 走行距離15万 スズキのMRワゴンのOEM車ですね。

メーターの中にいろいろ警告灯がありますが、基本的に「赤色」が点灯するとそれは「もう走ってはいけない」と思って頂けると大事に至らずに済むケースが多いです。
お客さんに「赤は走ってはいけません、信号機と同じです」と説明してます。

今回の冷却水の警告灯はエンジンがオーバーヒートしてます、という表示。
もう走っては駄目なのでレッカー屋さんにて入庫してくださいとお願いしました。



というわけで診断開始です。

ss-DSC_6527.jpg

ss-DSC_6528.jpg


オーバーヒートするのは「冷却水が足らない」のがおおよその原因ですからそのあたりからチェック。
来た時点でラジエーター内、冷却水サブタンクはなにも残ってません。
間違いなくどこからか漏れてると判断して加圧器をセット。
圧力を上げると・・・



原因はここでしたね。


付属品をいろいろ外して修理開始です。

ss-DSC_6531.jpg




オーバーヒートするとサーモスタットという冷却水の通路を切り替えるバルブが不具合を起こす恐れがあるのでだいたい同時交換します。

ss-DSC_6537.jpg

ss-DSC_6538.jpg

ss-DSC_6539.jpg



そして本命のラジエーター本体
モコ(MRワゴン)は上からでなく下から外す、という情報を見つけていたのでちょっと助かりました。

ss-DSC_6540.jpg



このお車はサーモスタットといってもバルブだけでなくケースも一体です。
ちょっとコスト多め。
ただケースがプラスチックできてるので同時に交換しておく方が後日割れたりしたときに二度手間になるのでオススメです!

ss-DSC_6559.jpg



新しいラジエーターが来たので冷却ファンを移設します。

ss-DSC_6561.jpg

ss-DSC_6562.jpg



冷却水のサブタンクもまさかの劣化によるひび割れ発見。
見つかって良かったです。

ss-DSC_6563.jpg



新しいラジエーターを車両に取付。
毎度言いますがこのときの隙間を埋めるスポンジは絶対全数交換ですよ。
エアコンの効きが全然変わりますので。

ss-DSC_6611.jpg


メインのホースももちろん全数交換しましょう。

ss-DSC_6612.jpg



そして冷却系統のエアを抜きつつ、診断機で水温を観察、慎重に水温を上げていきます。

ss-DSC_6613.jpg



そこ水温が上がるのを待ちながら、整備士の性でついつい周りを見ます自動目視点検(笑)

そしたらタイヤにビスが・・・・
漏れてないか専用液をかけて見ると・・・アウトでしたのでパンク修理追加

ss-DSC_6614.jpg

ss-DSC_6615.jpg



そしてその横に目をやると「ドライブシャフト外側ブーツの破断」を発見。
リフトに上がってるので後ろのタイヤを回してベアリングのガタを点検。
残念なことに全部カンが当たりました・・・

ユーザーさんに経過を説明。
「まだまだ乗りたいので気になるところは全部修理してください」とのご要望でしたので追加整備です。

ドライブシャフト外側のブーツ。
コスト重視で分割式ブーツをチョイス。

ss-DSC_6616.jpg

ss-DSC_6617.jpg

ss-DSC_6618.jpg

ss-DSC_6619.jpg

ss-DSC_6642.jpg

ss-DSC_6643.jpg



ベアリングを交換

ss-DSC_6628.jpg

ss-DSC_6629.jpg

ss-DSC_6630.jpg

ss-DSC_6631.jpg



来た道を戻ってプレスでベアリングを圧入

ss-DSC_6635.jpg

ss-DSC_6638.jpg



10年10万劼麓動車の生命のひとつの節目になりますのでいろいろ消耗品が寿命を迎えます。
その時にユーザーさんの愛情があれば試練を乗り越えさせてもらってそのお車は調子よく走れるわけです。

毎回毎回同じようなケースばかりではありませんがその時々にユーザーさんの思いと我々整備する側の思いのマッチしたところへ効率よくコストをかけて最大限の効果を得られるよう毎日が修練ですね〜



こうしてモコはひとつのおおきな試練を乗り越え、修理完了を待ちわびるユーザーさんのところへ戻っていきました。
ユーザーさんの通勤の足となってしっかり働いてね!

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 00:03 | comments(0) | - | - | - |
泉大津でのスズキ愛車無料点検 2018年度もスタート
ss-DSC_6738.jpg

ここ最近は恒例行事みたいになってますがスズキ愛車無料点検が今年もスタートしました。
スズキのお車を対象に15項目の点検を無料で行います。
スズキのお車を愛用されている方はどなたでも点検OKです。
※平成29年から31年登録のお車は除きます。


点検そのものは10〜15分あれば完了します。
もし悪いところが見つかったりオイル交換などのご要望があれば別途ご相談に応じます。

できればお電話やメールにてご予約いただければスケジュールを組みやすいので助かります。

平成30年10月1日(月)から平成31年1月31日(木)まで
595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 17:35 | comments(0) | - | - | - |
スズキ愛車無料点検 2018年もスタート
ss-DSC_6738.jpg

ここ最近は恒例行事みたいになってますがスズキ愛車無料点検が今年もスタートしました。
スズキのお車を対象に15項目の点検を無料で行います。
スズキのお車を愛用されている方はどなたでも点検OKです。
※平成29年から31年登録のお車は除きます。


点検そのものは10〜15分あれば完了します。
もし悪いところが見つかったりオイル交換などのご要望があれば別途ご相談に応じます。

できればお電話やメールにてご予約いただければスケジュールを組みやすいので助かります。

平成30年10月1日(月)から平成31年1月31日(木)まで
595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 17:35 | comments(0) | - | - | - |
MRワゴン エアコンが最初の数分しか効かない
MRワゴン MF21S 平成16年式 距離17万

ss-DSC_5924.jpg

エンジンかけて最初の数分は冷たい風が出るのにしばらくするとぬるい風になってしまって暑いとのことでご入庫。
今年の暑さは異常とは言え、このパターンのエアコン不良は例年でもちらほら入庫します。

おいでになったときはたしかに冷えてなくて、診断開始時にはコンプレッサーは動いてなくて冷却ファンちゃんと動いてる。
この時点でおおよそ定番のエアコンリレーかマグネットクラッチかなとは思いました。

リレーは大丈夫か?とコンプレッサーへの電源線をたどってみると電気が来てない。
はは〜んこれはエアコンリレーの不良が原因だなとリレーを替えてみたらちゃんと冷えだしたので、よしこれで一件落着。

ss-DSC_5925.jpg


エアコンガスも例のマシンで規定量いれときますね〜、と意気揚々として試運転。

帰ってきてしばらくアイドリングでおいてると、コンプレッサーが切れてる。
今度は電源も来てるけどマグネットクラッチは接続されない。


この時点で「マグネットクラッチもあかん」とわかりました。


お客さんにクラッチの隙間を調整したら使えるようになるかもしれませんが、距離もかなり走ってるんでこの際コンプレッサー本体をリビルト品に交換した方がいいでしょう、とご提案。

許可を頂きましたので作業開始です。
MRワゴンはバンパーを外すためにはヘッドライトまで外さないと駄目なんですよね。
_| ̄|○
一旦追加充填したエアコンガスを再度回収して配管切り離してコンプレッサー交換です。

ss-DSC_5912.jpg

ss-DSC_5913.jpg

ss-DSC_5916.jpg


あとは回収したガスを再充填したら完成です。
こんなときもフロンガス自動回収充填できるエコマックスジュニアはとても役に立ちます。


あと年式もそこそこ古く、走行距離も多いお車は、カーエアコンの室外機になるコンデンサーと呼ばれる部品を冷却するために、部品の隙間を埋めてるスポンジが劣化してどこか飛んでいってしまってるケースが多いです。
このスポンジがないとエアコンの冷却効率は思ってる以上に悪くなるのでエアコンの効きがいまいち、という原因にもなります。

このMRワゴンも隙間だらけだったのでいろいろ手当て

ss-DSC_5917.jpg

ss-DSC_5918.jpg

ss-DSC_5919.jpg

ss-DSC_5920.jpg



特にスズキのお車は、このマフラー横のでかいスポンジがなくなってること多いです。
隙間がある上に、なんとマフラーからの熱気をモロ吸い込むので条件最悪ですからこの隙間を塞ぐのは必須です。
純正のスポンジを使うのもアリですがこういう風にアルミ箔に粘着剤を塗ってある「アルミテープ」を使うのも一考です。
ここを塞ぐだけでもガスの圧力が変わるぐらい効果があります。

ss-DSC_5923.jpg

ss-DSC_5921.jpg



というわけでMRワゴンはオーナーさんの元へ帰って行きました。
冷え冷えになった室内をお楽しみくださいね!!

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 17:17 | comments(0) | - | - | - |
ワゴンR しばらくアイドリングしたらコンプレッサーが切れてエアコンが効かなくなる
ワゴンR MH23S 平成21年 距離9万

車検で入庫ですが、気になるところはないですか?
との問診に

10分ほどエアコンかけたまま停車してたら冷気がなくなりぬるくなってくる

とのお申し出。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0400116534093328"
data-ad-slot="8995932431">



車検の作業内容の方針を立てると同時にエアコンの診断。
効いてるエアコンが効かなくなると言うことでコンプレッサーの働きを点検。
電気が来てるかどうか。

電源関係は?とマニュアルをひもとくと

ss-DSC_5941.jpg

ss-DSC_5942.jpg

この白いリレーがコンプレッサーリレーですね。

ss-DSC_5929.jpg



実際コンプレッサーには電気は来てるようだったのでそのまましばらくアイドリングで様子を見てると、電気が来てるのにコンプレッサーのマグネットクラッチが切れました。

ss-DSC_5926.jpg



同時にエアコンガスの状態もモニターして、少なくともエアコンガスサイクルに原因があるのではなくコンプレッサーまわりの不良と判断。

ss-DSC_5927.jpg



原因としては

・電磁石を利用したクラッチのコイルが熱を持って磁力が弱くなりクラッチが切れる。
・電磁石に引き寄せられるクラッチ板が消耗により隙間が広がりひっつける力が負けて切れてしまう。

が考えられます。

クラッチの隙間を調整してみるのもひとつの手段ですが、お客様の要望でコンプレッサー本体をリビルト品(中古手入れ済み商品)を利用して修理することに決定。
バンパー外して交換準備に入ります。

ss-DSC_5930.jpg



コンプレッサーを外すには補機類駆動ベルトを外す必要がありますが、今回車検でもそろそろ交換、という状態だったので1回工賃助かりましたね!

ss-DSC_5932.jpg



車検作業と並行してコンプレッサーを入替終了。

ss-DSC_5950.jpg


ベルトの張りを調整するのに今はこの『音波式張力計』を使います。
これなら「これくらいかな?」というカンではなく数字として張力を見られるので確実な整備が出来ます。
最近の整備マニュアルには張力計を使う場合の車種固有数値も書いてあるので数値をビシッと合わします。

ss-DSC_5947.jpg

ss-DSC_5948.jpg

ss-DSC_5951.jpg



あとはこれくらいの年式になってきますと冷却ファンの風を効果的に導くためのスポンジが劣化して役目を果たさなくなってきてる場合があります。
このスポンジがあるとないとではエアコンの冷えに関わってくるのでしっかり対策はしておく方がいいでしょう。

この隙間から温風を吸い込んでしまうので効率激落ちです。

ss-DSC_5952.jpg



精機の部品としてのスポンジなりアルミテープを使ったりしてできるだけ隙間を埋めます。

ss-DSC_5953.jpg

ss-DSC_5954.jpg



あとは回収したガスを元通りに。
その際エアコンガスリフレッシュも兼ねて回収したガスに新ガスを足して規定量充填。


エアコンは20分アイドリングしてもぬるくなることなくしっかり冷え続ける事を確認。


というわけでワゴンRはまだまだ続く大阪の夏をしっかり乗り越えてユーザーさんと共に快適に働いてくれることでしょう!

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 18:28 | comments(0) | - | - | - |
ニッサンキャラバン CSGE25 エアコンが停車中は冷えない
自動車修理工場からすると、エアコンが冷えない、という修理依頼はこの季節の風物詩です。
大阪ではエアコン無しで運転するなんて考えられないです(笑)

お客さんから聞く、

エアコンが冷えない

という訴えはそこまででは我々からするとほとんど手がかりにならないので問診が必要です。
その症状を聞き、実車を見て、一つ一つ消去法によって原因まで進んでいくわけですが、お客さんのお話しの中に結構なヒントが隠れてるときもあります。

以前の同じくキャラバンのエアコンが冷えない、という症状は、お客さんの
最初は冷えてるけど途中で冷えなくなりその後はエンジン切るまで冷えない
というお話しがヒントで原因にたどり着きました。
http://blog.shaken28.com/?eid=1003381



今回のキャラバンは、問診の結果

走ってると何とかなるけど信号待ちなど停車すると全然効かなくなって、しばらく走ると冷えてくる

です。

この今起こってる症状を聞き出すまでがプロのお仕事の一部でもあります・・・・
聞いた話と現車を見た情報全てをまぜてたどり着いたのが

「コンデンサーファンモーターの寿命」

でした。
エアコンが稼働してるであろう状況でもファンだけが回らない。
叩いてみたらイヤイヤ回る、みたいな状況。


というわけで
原因をつかむまでが「苦行・修練」ですが原因さえつかめたらあとは作業のみ。


整備書によるとエアコンコンデンサーごと一旦外してファンモーターを交換、となってますがファンカバーを止めてるビス4本を外せたらモーターの交換はできます。
エアコンガスも助かります。
ただしフロントバンパーと前のアンダーカバーは一旦外して自分自身の体ごとねじ込む、という条件ですが・・


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0400116534093328"
data-ad-slot="8995932431">



バンパー外すのにはコーナーランプユニット外すのが前提条件

ss-DSC_5764.jpg

ss-DSC_5765.jpg

ss-DSC_5766.jpg

ss-DSC_5767.jpg



このファンカバーさえ外せたらあとは何とかなる、という関門です。

ss-DSC_5768.jpg



最初は細長い人物を連れてきて外そうかと思いましたがそこそこでかい自分でも何とかなりました(笑)
ビス4本で止まってました。

ss-DSC_5769.jpg

ss-DSC_5770.jpg

ss-DSC_5771.jpg


あとはファン中心のナットを外しファン本体、その下のファンモーターをビス3本外して、ハーネスの取り回しがひと癖有りましたがモーター交換完了。

ss-DSC_5772.jpg

ss-DSC_5773.jpg


無事テストも完了。正規の勢いでファンは回りました。

ss-DSC_5774.jpg



あとはまた体ごとねじ込んでファンカバーを取り付け

ss-DSC_5775.jpg

ss-DSC_5776.jpg

ss-DSC_5777.jpg


全ての部品を復旧したら完成。

ss-DSC_5778.jpg


部品調達後再入庫したときは雨の日で走行中にコンデンサーが水をかぶって冷却されてエアコンは働いてました。

今日はエアコン効いてるけど?

とお客さん。


エアコンの仕組みをあ〜でもないこ〜でもないとご説明して、冷却ファンの大事さもご理解いただけたようです。


エアコンが停車中でも冷えるようになったキャラバンはまたお仕事の第一線に戻っていきました。
しっかりオーナーさんを冷やして活躍してね!!

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 17:48 | comments(0) | - | - | - |
オートバックスタイヤは買ってもいいか? 5年目で・・・
ss-DSC_5691.jpg

お客さんに

「タイヤがそろそろ寿命ですよ」

とお伝えすると9割のお客さんは顔を曇らせます。



そうでしょうね〜わかります。

自動車のメンテナンスのなかでタイヤは高額商品。
4本交換となるとそりゃ躊躇します。

とはいうものの交換時期は避けて通れない。
摩耗して溝がないとか溝は残っていてもゴムが劣化してカチコチになってる場合も交換時期です。

そして避けられないことが理解してもらえたとして次に出てくる難題は

『適当な奴でいいから安い奴ない?』

というご依頼です。
あまり乗らないし飛ばさないから適当でいいよ、という流れ。

ちょっと知識がある人から出てくる提案が通称「アジアンタイヤ」
東南アジアなどで生産されてる外国製のタイヤと言うことです。

これがたしかに安い。
下手すると国産の半額ということも。

そして次は

『安いけど大丈夫なん?』(笑)



当店での結論は、

劣化する前に溝を使い切ってしまうならアジアンタイヤもあり

商用車やら営業車が当てはまると思います。



逆に走行距離が少なくて溝の摩耗よりも劣化が早い使い方の場合は国産の信頼できるメーカー製を、となります。
あまり乗らない人の方が国産の高級なタイヤというのもおかしい気がしますが、一番効率のいいお金のかけ方だと思ってます。


やはりコストの掛かってないタイヤはいろんな部分で長期間の使用はやめた方がいいような気がします。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0400116534093328"
data-ad-slot="8995932431">



表題のオートバックスタイヤ
製造年をみると2013年製造
ネットからの情報によると住友ゴム製らしいのでいちおう国産タイヤの最低価格帯のタイヤという自分なりの認識です。
溝はまだまだ残ってますが劣化が・・・

ss-DSC_5693.jpg

ss-DSC_5692.jpg



5年でこれか〜
と思ったのが個人的な正直な感想です。
自分の愛車にはたぶん使わないし一般ユーザーの「お買い物車」にも勧めません。


3年で溝を使い切るぐらい走るお車なら選択肢のひとつかも、とは思います。

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 23:17 | comments(0) | - | - | - |
スズキ アルト エアコンが効きにくい 冷えない
先週ぐらいから「夏本番」という気温と日差しになってきました。
去年に比べると本格的な暑さは遅い目ぐらいか?とも思いますが。

先週から急に当ブログのアクセス数もうなぎ登りで、エアコンガス規定量充填サービスの記事が検索されているようです。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0400116534093328"
data-ad-slot="8995932431">



そんな暑い中ご来店は アルト HA24S 平成17年式 走行45000

エアコンの冷えにパンチがない
日中は全く冷えてる気がしない
夜間は何となく冷える

というご依頼です。

全く冷えない、という場合は故障の可能性が大きいですが、冷えにくい場合はまずガスの量から点検。
そして大半がガス量が規定量に戻ると何の問題も無く回復します。

・冷却水の量
・エンジンオイルの量
・タイヤの空気圧

などなども使用過程において少しずつ減っていくもので、エアコンガスも一緒です。
大事なのは減るスピードですね。
このスピードによって、故障レベルなのか手当てをするのかしないのか、判断は分かれます。


さてこのアルトさん

ss-DSC_5652.jpg


まずはエアコンシステム自体が動いてるかどうかを診てみるとそのあたりは普通に動いてそうなので入り口は合格。



吹き出し温度を測ってみます。

ss-DSC_5655.jpg

外気温33度に対して5度しか冷やせてない。
これではさすがに『冷えてる』とは言えないのは間違いないです。



では一体ガスがどれくらい残ってるのか?
これがいままでは『圧力計』で推測していたわけで、慣れればある程度のエアコンの状態は推し量ることはできますが、残ってる重量を計測することは出来ません。
しっかり『重量計』で測る以外は・・・


エアコン整備機器の老舗 デンゲン社製エコマックスジュニア

ss-DSC_5659.jpg


自動車からエアコンガスを全量回収→回収されたガスの重さを量って規定量との差を計算→そしてリフレッシュされたガスを設計時の規定量ぴったしに充填。
それらを自動的にやってくれる優れた機械です。

エコマックスジュニアをアルトさんに接続

ss-DSC_5653.jpg


接続してから圧力計でおおよそのエアコンシステムの雰囲気をつかみます。

ss-DSC_5654.jpg


経験と理屈から『ガスの量が少ない』ことはわかりました。



ではリフレッシュ作業開始

ss-DSC_5657.jpg


結果は

ss-DSC_5664.jpg


規定量320グラムのところ130グラム回収。
つまりは規定量の40%しかガスがなかったということです。
これではさすが冷やす能力は発生しないでしょう。

規定量充填した結果吹き出し口の温度は

ss-DSC_5665.jpg

となりました。



いつからいつまでで40%まで減ったか、は把握できないため、

・ガスが漏れているのか?
・自然に減ったのか?

は現時点では判断できません。

漏れ箇所を探すための『蛍光剤』を同時に注入しておきました。
この先わずかな時間でまた減ってしまうようであれば再度診断時に配管などを紫外線ライトで照らすと漏れてる場所がわかる一種の添加剤です。

このまま数シーズンを無事に過ごすことが出来ればそれで良し。
短期間でまた漏れてしまったのなら次のステップへ診断のコマを進めないと駄目でしょうね。


オーナーさんは「これで済むことを祈ってます」とおっしゃってました。
もちろん当店もそれを願ってますよ!!

エアコン以外でも不具合があればまたどうぞご来店ください!!

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 23:24 | comments(0) | - | - | - |
インプレッサ GH7 プラグホールパッキンの交換
スバル インプレッサ GH7 平成19年式 10万

車検でご入庫。
10万劼竜啓阿箸靴督名鐓談徂覆亮蠧れに加えてタイミングベルト、ウォーターポンプの交換、プラグの交換をご提案後作業開始。

タイミングベルトまわりの写真は作業に没頭してて写真有りません。
さて次はプラグの交換という時点でプラグコードを引き抜いたらエンジンオイル漬けになってるのを発見。

お見積以外の不良箇所と目があってしまいました。

ss-DSC_5589.jpg

ss-DSC_5590.jpg

ss-DSC_5591.jpg




プラグコードは耐熱・耐油性に優れた材料を使ってますが徐々に漏れたオイルに長期間浸かっていたためにふやけてました。
なので、プラグホールパッキン、どっちみち外すのでカムカバーパッキン、プラグコードの交換作業追加をユーザーさんにご報告。
承諾を頂いたので作業開始。


まず目的に場所に到達するためには付属品の取り外しから
地味に多い・・・

ss-DSC_5587.jpg



それをもってしてやっと手の届きそうな雰囲気
ちなみにスバルの水平対向エンジンはこれと同じ作業を左右で2回行わなければなりません。

ss-DSC_5598.jpg


一筋縄ではいかない狭い空間をいろんな工具の組み合わせでボルトを5本緩めてやっとカバーが外れました。
外してまずは感動!
オイル交換を新車の時からずっと定期的に行われてきた集大成がこれ。
汚れた部分の全くないすばらしいエンジン内部の状態。


ss-DSC_5605.jpg

ss-DSC_5609.jpg



これがお目当てのプラグホールパッキン
長年の熱で硬化してゆがんでます。
これではオイルが漏れても仕方ないですね。
左は新品です。
まん丸ですし、なによりも「しなやかさ」が全然違うのがいつもパッキン類を交換するときには
「交換してよかった」
と実感する瞬間です。

ss-DSC_5606.jpg

ss-DSC_5610.jpg

ss-DSC_5617.jpg



カバーにもパッキンがついてるので同時交換

ss-DSC_5608.jpg



それと忘れてはいけないのがボルトの穴にもワッシャーを兼ねたパッキンがついてます。
長年の使用で縮んでますので要交換。

ss-DSC_5611.jpg

ss-DSC_5619.jpg


プラグホールの中
これは清掃途中でプラグがほぼオイルに浸かってました。

ss-DSC_5616.jpg


そして外したプラグ

中心電極に白金を使用、接地側電極にも白金チップを溶接してあるので長期間使用可能、交換指定は10万劼任后△箸い触れ込みのプラグなんです。
中心のちょっと白っぽい部分が白金チップ。
白金(プラチナ)は高価なのでほんの一部だけ使ってます。

ss-P1170570.jpg



外したプラグを見てびっくり。チップがありません。
白金チップがあった土台の電極そのものが消耗して外れてしまったんでしょうね。
0.5ミリぐらいのチップなので外れた瞬間に排気ガスと共に出て行ってしまったものと思われますが、確認しようとすればとんでもない作業になるので『大丈夫』と自分で納得(笑)

ss-P1170569.jpg



いまや自動車にとって10年、10万劼呂曚箸鵑匹里車ではたんなる通過点です。
昭和の時代は10年、10万劼麓動車乗換のひとつの目安だったんですが、それからすると隔世の感があります。

ただそれは消耗品をそれなりに手入れしてのこと。
エンジンオイルの交換をかまけるなどは論外ですが、自動車にとっての故障の大半は『漏れる』と『割れる』。
つまりは樹脂やらゴムで出来た部品が寿命を迎えることで発生します。
裏返すとそのあたりを手入れしておけば自動車はいつまでも調子よく走ってくれます。

自動車の人生の中である時期には樹脂&ゴム部品の大がかりな手入れは必要になります。
それを乗り越えさせてあげると10年10万劼論力辰砲覆蠅泙后

というわけでこのインプレッサもリフレッシュされてユーザーさんのお役に立って働いてくれることでしょう。

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 12:32 | comments(0) | - | - | - |
スズキソリオ ベルトの交換手順
スズキソリオ MA36S
ベルトの強度に問題があるというリコール作業で発電機などをまわすベルトを交換。
普通に車検時に劣化したベルトを交換するの手順は変わりません。

おおよその手順


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-0400116534093328"
data-ad-slot="8995932431">



リフトアップ

ss-DSC_5164.jpg



エンジンサイドカバー分解

ss-DSC_5165.jpg

ss-DSC_5166.jpg

ss-DSC_5167.jpg


ソリオはエアコンコンプレッサーベルトは調整機能が無い「ストレッチベルト」という方式を採用してますので専用工具(以下SST)を使って外します。
専用工具ってやっぱり最高に役に立ちます。
この白い奴を挟み込んでグリンとプーリーを回すと外れます。

ss-DSC_5169.jpg

ss-DSC_5171.jpg


そして次は本命のベルト。
バネでベルトを張るテンショナー方式なので、ベルトを外したり取り付けたりするには、専用工具でテンショナーをこれまたSSTで緩んだ状態にして外します。

ss-DSC_5172.jpg

ss-DSC_5173.jpg

ss-DSC_5174.jpg



外れたベルト

ss-DSC_5176.jpg



通常は同じ品番への交換なのですが、今回はリコールで対策された品番のベルトに交換

ss-DSC_5178.jpg

ss-DSC_5179.jpg



見た目は何にも変わりません。
ただの使用前と使用後のベルトに見えます。

ss-DSC_5181.jpg



そして取付。
来た道を逆に戻ります。
テンショナーを緩めてベルト取り付け。

ss-DSC_5182.jpg



エアコンベルトの取付にはまたまたSST。
これは聞くところによるとソリオとイグニスなどではまたちょっと形状が違うらしい。
勘弁して欲しいですね〜

ss-DSC_5183.jpg

ss-DSC_5184.jpg



というわけで完成

ss-DSC_5185.jpg



「専用工具」
整備する者からすると所有してるとチョーうれしい逸品です。
当たり前ですが『専用』なので
”いい仕事”
”時間短縮”
にはもってこいです。
どの業界にも似たような話はあると思います。

もしなかったら他の工具を駆使して代用させるとかしますが、なかなか思った通りに力が加えられなかったり、位置決めがカンに頼らざるを得なかったり・・・

ただ投資が必要です。
このあたりが自動車修理屋さんの悩みのひとつなんですよね〜


というわけでソリオはまたユーザーさんの元へ帰って行きました。

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 20:39 | comments(0) | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


このページのQRコード
qrcode
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ