ふたば車検

泉大津市の「ふたば車検」のブログ。
車検をはじめとする工場の日常や車に関する豆知識を紹介。
ふたば車検公式ホームページはこちら
<< ブレーキもここまで使えば大変なことに・・・ | main | 臨時休業のお知らせ >>
エアコンガスの充填量はグラムで測定

一昔前までエアコンのガス量というのは

サイトグラスでの泡の量

でだいたいの充填量を量る、と言われてきました。
実際にメーカー発行の自動車整備マニュアルにもそう書いてありました。

いろんな種類はありますが代表的なサイトグラスはこんな感じ。

ss-P1020908.jpg width="259" height="194">


マニュアルにはこういう風に書かれました。

ss-12389.jpg


最終的にガスを充填してて、ここまで!、って充填を終了するタイミングもサイトグラスを見ながらコックを閉める、という手順で長いこと行われてきました。

けれども最近のガスの充填量は「グラム」、つまりは重量でしっかり管理されてまして、エンジンルームなどにも

フロンガスh134a
充填量 350±30g


などと書かれたシールが貼ってあります。
そして現在はなんと

サイトグラスは省略

されつつあります。
新車にはめったにサイトグラスは付いてません。
ガスは重量管理をするから要らない、と言う理由とコストダウン、のためでしょう。


あとガスの量を「推測」する方法はガスの圧力を見る方法。
いまでも大半の工場はこのやり方でしょう。
正直うちもこの方法を取らざるを得なかったのでやってました。

けれども作業が終わっても何か釈然としない自分がいました。
「だいたいの充填量」で済ませていいのか?と自問して、やっぱりこれではいけないと言うことで「はかり」を購入して自分自身の葛藤を無くしました。



事故修理完了のワゴンR。
前回りを追突で損傷したためエアコンの部品を交換しましたのでガスの再充填が必要です。

ss-P1090483.jpg


これがガスを充填してる様子。
缶が冷えたらガスが入らないのでぬるま湯で暖めながら充填します。
その下が「電子はかり」。
ぬるま湯を入れた桶とガス缶をセットした状態でゼロ点調整してから使います。

ss-P1090484.jpg width="360" height="270">


そして充填開始すると缶の中のガスが車両に移動していくので重量が減っていきます。
なのでマイナス表示になります。

ss-P1090485.jpg

ss-P1090486.jpg


このお車の基準値が320g±30gだったので340g目処で充填終了。
完全に重量管理して充填したのですっきりさっぱり。
「これでないとあかんよな」、と自己満足。


その状態でガス圧測定。
教科書のような指示値です。

ss-P1090488.jpg



吹き出し温度もOK

ss-P1090487.jpg



自動車整備はやっぱり「数字」に置き換えることが出来ると「これくらい」という曖昧さを排除できて自信を持ってお客さんにお車を返せます。
自分自身も「完璧です」と言えるのでほんとにうれしい。

全てが全て数字に置き換えることが出来ないの仕方ないですが、方法があるのならこうして確実な整備を目指さないとプロとして進んでいけません。

もっとも、数値化には「投資」が必要なのは痛し痒しなんですが・・・・

 

※ 2015/03/5 追記

ガスの規定量充填を行えるエコマックスジュニア

という整備機器を導入しました。

こちらどうぞ
 

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 修理 | 00:43 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


このページのQRコード
qrcode
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ