ふたば車検

泉大津市の「ふたば車検」のブログ。
車検をはじめとする工場の日常や車に関する豆知識を紹介。
ブログから当店の思いやら方針が伝われば幸いです。
ふたば車検公式ホームページはこちら
<< スズキ スプリングのリコール ほんとに錆びてた | main | アイドリングストップが嫌な方へ >>
ラウム ヘッドライトがハイもローも点かない
トヨタラウム 平成19年式 走行76000

お客さんからの第一報は「ヘッドライトが点かないんです」

おおよそその時点で自分の頭の中の診断コンピューターは「球切れ」

をはじき出しますが、そこでさらに問診



「片方ですか?両方ですか?」

「両方です」とお客さん。



この時点でちょっと診断ルートが変わってくる。


「ハイビームにしたらどうですか?」

「ローもハイも点きません、ただパッシングしたらは点きます」



今までの材料で思いつくのは

・ ヒューズ
・ 配線切れ
・ ヘッドライのスイッチ
・ ややこしい思いもかけない原因

と最悪なコースを想像して暗くなります(笑)



とりあえず入庫してくださ〜い・・・



お客さんが来るまで回路やら配線図を用意して備える。
ついでにインターネットで同じような症状がないか調べる。



調べるコツは「ラウム」で調べると販売台数が少ないので、同じような車格のメジャーな奴で調べる。
例えば「カローラのヘッドライト点かない」とか。


そしたら症例を発見。

ヘッドライトスイッチの接点焼け



先駆者のおかげでちょっと診断のショートカットさせてもらいました。
ありがとうございます!


入庫してきたラウム。
お客さんの言うとおりの症状です。

というわけでショートカットさせてもらったスイッチを外して点検してみます。

ss-DSC_3235.jpg


スイッチにたどり着くにはエアバッグを外さないといけません。
外すためには配線を切り離すわけですがこの作業が大っ嫌い。
エアバッグの「誤爆」を想像してしまって恐いんです。
誤爆しないためにこの黄色の安全レバーをまず引き起こして回路から遮断。

ss-DSC_3237.jpg


そして本体からコネクターを抜く

ss-DSC_3238.jpg



たったそれだけなんですが、何か起きないかといつもビクビクしてます。



そのコネクターの処理が終わればあとは機械的な分解。
ステアリングホイール(ハンドル)を外します。

ss-DSC_3241.jpg

ss-DSC_3242.jpg



そして附属品やらカバーやら

ss-DSC_3243.jpg

ss-DSC_3244.jpg

ss-DSC_3246.jpg

ss-DSC_3247.jpg



そしてお目当てのヘッドライトスイッチ

ss-DSC_3248.jpg


先駆者のページで見たのと同じように透明なカバーの左上が黒く焦げてます。

ss-DSC_3250.jpg


カバーを外してみたら3個ある接点の一番左がライト全体の電気が流れるメインの接点でこれが経年劣化で接触不良を起こしてヘッドライトのロービームもハイビームも点かなくなったのでした。
パッシング動作は別回路を通るので点灯したんですね。

ss-DSC_3252.jpg


と原因がわかれば後は新しいスイッチに交換して元通り組み立てれば一件落着。


先にカローラの記事をあげてくれた人に敬意を払って、「ラウムのヘッドライトが点かない」、と検索した人がこの記事にたどり着きますようにブログに書いときます。



夜に走らないといけないことがあったらどうしようとドキドキしてました

と喜んでくれたお客さんの大事な足となって活躍するためラウムは帰って行きました!


| 修理 | 05:00 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


このページのQRコード
qrcode
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ