ふたば車検

泉大津市の「ふたば車検」のブログ。
車検をはじめとする工場の日常や車に関する豆知識を紹介。
ブログから当店の思いやら方針が伝われば幸いです。
ふたば車検公式ホームページはこちら
<< セルボ フォグランプ球をLEDに換装 | main | 受託者賠償保険 >>
アイドリングストップキャンセラーの動作の様子
先日も話題にしましたがアイドリングストップキャンセラーを実際取り付けしました。

スズキスイフト ZC72S 平成26年式ですね。

配線は3本。
信号線・電源線・アース。

所定の配線が車のハーネスの何色かさえわかれば割り込ますだけです。
配線が何色?を調べるのが全行程の8割ぐらいの比率。
それがわかれば苦労せーへん、という声が聞こえてきそうですが・・・

装置は日頃から使い慣れてるアイストキャンセラーⒸを使用。
何やら電子工作すれば材料だけで1000円ぐらいらしいですが材料買いに行ったり通販の送料考えたらできあいのものを使うのが一番安心です。

ss-DSC_3756.jpg



配線して実際の動作を撮影してみました。
エンジン掛けて5秒後に何もしなくても自動的にアイドリングストップOFFのインジゲータ-が光りますので、これでエンジンを掛けるたびにボタンを1回押すという煩わしさから脱出です。





大事なのは次回からのバッテリーは普通の「充電制御対応バッテリー」を使っていくと言うことです。
(格安のバッテリーは充電制御してる今の車には役不足です)

アイドリングストップ車専用のバッテリを使わず、普通のバッテリーに交換するときの差額でアイストキャンセラーはペイします。

エアコンが効きにくいからと言う理由でアイドリングストップを嫌う人も居られますが、最終的にアイドリングストップさせない車にすることでバッテリーコストやらセルモーターなどの部品の寿命を延ばす事が目的ですから取付後のバッテリー選択が重要ですね。


たまたまスイフトはバッテリー交換時期だったので「普通」のバッテリーに交換しました。
これでこのミッションは完遂です!


スイフトに使ったアイストキャンセラーはamazonで手に入ります。



| 修理 | 05:00 | comments(0) | - | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


このページのQRコード
qrcode
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ