ふたば車検

泉大津市の「ふたば車検」のブログ。
車検をはじめとする工場の日常や車に関する豆知識を紹介。
当店はキャッシュレス消費税還元事業対象店です。
キャッシュレス支払いで国から5%還元されます。
ふたば車検公式ホームページはこちら
サンバーのタイロッドのロックナットの締め忘れ、お見積時に発見
サンバー KV3 平成9年式 距離101000

車検の整備が必要な箇所を相談するべく事前に入庫していただき各部点検というかお見積作業

年式がそれなりのお車なので経年劣化による想定外の不良箇所も出てきそうなので念入りにあちらこちらに目を配ります。
想像してたのがタイロッドといわれるハンドルの操作を前輪に伝えるいわゆる「棒」なのですが、その端に関節部分を覆ってるゴムカバー(以下ブーツ)の破れ。
これは車検の基準に抵触するのでもし破れなどで破損してると車検が通らないので必ず修理が必要です。

破れたり劣化したりしてるのを修理するのはこんな手順です。
これはワゴンRですがまあ似たようなものです。

破れるところまでは痛んでませんがひび割れ多数のブーツ

ss-DSC_4420.jpg


古いブーツを取り外して

ss-DSC_4421.jpg


内部の汚れたグリスを拭き取り新しいグリスを充填

ss-DSC_4422.jpg

ss-DSC_4423.jpg


そして新しいブーツを取付けて

ss-DSC_4424.jpg


もとの状態に復元

ss-DSC_4425.jpg



サンバーの場合はこんな形(画像はネットで借りました)

ss-p3.jpg


ほとんど駄目だろうなと想像して点検してみたらなんとみんなきれいに交換されてます。

「劣化をしてるかなと思ってた部分はちゃんと他所で交換してもらったんですね?」

とユーザーに聞くと

「このあいだスタンドで"車検通らないから交換しないとえらいことになりますよ”とあれよあれよという間に交換されて数万円払った」

とのこと。

そのスタンドは私も利用してましてやたらとブーツの交換に凝ってる(?)スタンドで自分も点検を進められたことが有り、他のお客さんも数件「こんなこと言われて見積もりされた」とうちによってもらったこともあります。
油外収益を上げるためにがんばってるな〜、こんな営業はうちも見習わないとな、と思ってました。

そんな流れで交換作業が終わってたのでひとつ整備箇所がクリアして良かったなあ、と一安心。


えっ?売上を奪われた?


なんて全然思いませんよ(笑)
お客さんに安全に自動車を走らせてもらうために業界全体でがんばらねば、と思ってますから。


それはさておきブーツが大丈夫なのは目で見てわかったのであとは「ガタ」がないかな?と点検。
すると関節にガタはないのに「棒」の部分が変な動き。
一瞬どこが動いてるか判断できずにしばらく動かし続けて、ハッっと・・・
ここやん・・・




交換作業のあとこのロックナットといわれるナットを締めてなくてそのまま走行したので少しネジ部分が減ってガサガサになってたんですね〜


ここが外れたりするとハンドルが効かなくなり操縦不能になってしまいますのでとても重要な部分です。
大きな事故になる前に発見できて良かったですね。

自分としてもこういう部分の作業はとても慎重に、なおかつ丁寧・確実にすることを心がけてます。



そして新たな教訓を頂いた事案でした。

自分も気をつけよう・・・

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
ニッサンノート ブレーキシュー交換 パッド交換 プラグ交換 などなど
日産ノート E11 平成18年式 走行約11万辧
レンタカー上がりの中古車を購入されそのお車が今回車検です。

ノートで11万辧△箸いΔ函彪亳灰灰鵐團紂璽拭次匹
・リヤブレーキシュー
・点火プラグ
の2点は一番にアウトプット。
それ以外は現車確認、という感じですね。

事前にご来店していただき現車を囲んで作業内容を相談。
これ大事!、ですね。
作業をする方も、お客さんも、方針が決まってから作業に掛かるのがセオリーですよ。

その結果
・いろいろその他の消耗品も交換時期に来てることをご提案。
・タイヤやバッテリーはお客さんの方で手配して車検入庫までにご自分で交換すること。


などなどが決まったので作業開始。


ss-DSC_4109.jpg


まずは後のブレーキから点検。
ノートは後のブレーキ残量を点検するに当たって再使用不可のロックナット必須。
点検だけでもロックナットは必要になります。

ss-DSC_4110.jpg

ss-DSC_4111.jpg

ss-DSC_4112.jpg

ss-DSC_4115.jpg


事前の予測通りブレーキシューの残量はNG
交換が必要でした。

ss-DSC_4115.jpg

ss-DSC_4119.jpg

ss-DSC_4124.jpg


交換までは紆余曲折の作業がありますが省略
交換完了

ss-DSC_4139.jpg



前のブレーキの点検に入ります。
しかし予想外の展開。
スライドピンと呼ばれる部品が給油不足からさび付いて固着。
結果、ブレーキパッドの片減りが発生してたのでやむなく交換が必要でした。
同じ右前輪側のパッドですが厚みが違います。

ss-DSC_4133.jpg


新しいパッドの異音防止シムの「裏側だけ」専用グリスを。
表側に塗る整備士の方もいますが自分は「塗らない」こだわり。

ss-DSC_4146.jpg


組立

ss-DSC_4147.jpg

ss-DSC_4149.jpg

ss-DSC_4151.jpg

ss-DSC_4152.jpg


新しいパッドに交換した後にブレーキを組み終えるのは達成感あり (笑)



ブレーキの各部品が交換できたのでブレーキフルードを交換
新油を補給しながら4輪各部で古いフルードを回収。
全て入れ替えます。

ss-DSC_4153.jpg

ss-DSC_4154.jpg

ss-DSC_4156.jpg



次は点火プラグの交換。
10万劼1回という長寿命型のプラグを使ってますのでエンジンの設計がプラグを交換しやすいようにはなってない整備士泣かせのエンジンです。
燃費やパワーを両立させるための設計なのですが・・・
点火プラグまで到達する道のりが遠いですね〜

ss-DSC_4157.jpg


途中省略で吸気管部分分解終了。
やっとイグニッションコイルと言われる高電圧発生器4個とご対面。

ss-DSC_4168.jpg


そしてこの下に目標の点火プラグさんが居ます。

ss-DSC_4171.jpg


新旧点火プラグさんのそろい踏み
古いプラグさん、長きにわたりご苦労様でした。

ss-DSC_4173.jpg


同時作業でスロットルバルブのカーボン汚れ清掃
単体だとそれなりに工賃が必要ですがプラグを外すにはスロットルバルブも外すので同時に作業するのがお客さんの為。

ss-DSC_4174.jpg


きれいになったらカーボン汚れの分だけ隙間が空きます。
この隙間はあとで診断機を使って初期化します。

ss-DSC_4176.jpg


外した吸気管を戻すときにはパッキン類は絶対交換。
これ整備の鉄則です。

ss-DSC_4177.jpg


エアコンフィルター。
以前はいつ交換されたのでしょうか?

ss-DSC_4178.jpg

ss-DSC_4179.jpg


コンピューター診断機による故障コード(ダイアグコード)を読み取ります。
何個か以前に記憶されたコードがありましたが、消去するだけでOKなコードだったので初期化しておきました。

ss-DSC_4184.jpg

ss-DSC_4185.jpg

ss-DSC_4186.jpg



最後はエアコンガス規定量充填作業
専用の機械を当店は所有してるのできっちり設計規定量に合わして充填することが出来ます。

ss-DSC_4187.jpg


エアコンの冷房能力をあげる添加剤。
自身の所有車でも実証済みで効果大。

ss-DSC_4189.jpg


充填結果
ノートは本来450グラムが規定量ですが、添加剤の30グラムを引いて420グラムに設定。
まずエアコン配管の中にどれだけ残ってるかを全量回収します。
330グラムしか回収できなかったので90グラム足りないということですね。

ss-DSC_4190.jpg


420グラムをきっちり充填してノートの設計通りのガス量に復活です。
来年の夏はしっかり冷えるでしょう。


というわけでお車をお返ししたときはご主人はお仕事で留守だったので報告用にブログをアップしました。

高石市のHさま、当店の再度のご利用ありがとうございました。
1年後ぐらいにはエンジンオイルの交換をお勧めしますね!
またご来店ください、お待ちしております。

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 01:23 | comments(0) | - | - | - |
年末年始はお休みさせて頂きます。
images.jpg
誠に勝手ながら年末年始はお休みさせて頂きます

平成29年12月29日
〜平成30年1月4日 休業


平成30年1月5日 午前中営業

平成30年1月6日 営業


平成30年1月7日
〜平成30年1月8日 休業


平成30年1月9日火曜日から平常営業となります。


ご不便をおかけしますがご容赦願います。


595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 11:38 | comments(0) | - | - | - |
エンジンルームのほこり汚れ
ss-P1160473.jpgエンジンルームはボンネットで閉じられてるとは言え外気と接してるため砂系の汚れがつきやすいです。
そして意外にもガレージに止まってる時間が長く(つまりはチョイノリの車)屋外駐車の車ほどほこりが降り積もります。

ほこりがたまったり、泥で汚れたりしても日本車は素晴らしいことに防塵・防水対策がよく出来てるので汚れが故障の原因になるのはまれでかなりほっといても何にも起こらないものです。
(オイルを替えないでエンジン内部が汚れた場合は除く)

そして一方では故障の原因になるのでエンジンルームは水などを使って清掃はしない方が良い、とまで言われてます。
今のお車はほとんど家電製品に近いので、テレビを水洗いする人はいないでしょう、という感じかも。

確かに電子部品に高圧洗浄機から出た水流をそのまま当てたりすればほんとにヤバいことになるでしょうが、そのあたりは、水をかけてはいけないところ、かけてもいいところ、をプロならではの判断で選択できるのなら大丈夫です。

こんな状態で入庫してくるのですが

ss-P1160474.jpg

ss-P1160473.jpg




整備やら車検作業やらを終えるとどうしても気になってしまうんです。
そしてつい清掃してしまう・・

ss-P1160476.jpg

ss-P1160475.jpg



ああさっぱりした!



全くの自己満足です(笑)

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 00:51 | comments(0) | - | - | - |
臨時休業のお知らせ
rinji.jpg

来る10月5日(木)から自分の体の修理のためお休みさせて頂きます。
そのまま「泉大津濱八町だんじりまつり期間中」になるためお祭り開け10月10日(火)に営業を再開する予定です。
ご不便をおかけしますがご容赦願います。
ちなみに10月2日(月)は11時から14時まで修理方法の説明を聞きに行くので留守です。
ご用のある方は14時以降でお願いします。
595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 17:49 | comments(0) | - | - | - |
タカタ製エアバッグのリコール未改修車両 車検で有効期間を更新しない処置

2018年5月以降、タカタ社製エアバッグ搭載車両でリコールの案内が届いてるにもかかわらず対策が行われていない車両は車検が通らなくなるそうです。

国土交通省は8月30日、タカタ製エアバッグのリコール改修促進のため、異常破裂する危険性が高い未改修車両の約170万台について、車検で有効期間を更新しない措置を講じると発表した。施行時期は2018年5月を予定している。

 


02_s.png

03_s.png

 

 

 

 

国交省によると2017年7月の時点で国内の改修率は78.1%で、約410万台の未改修車があるとしている。このうち異常破裂する危険性が高い未改修車の約170万台については、車検で有効期間を更新しない措置を講じる。

 対象となるのは2017年4月以前にリコール届出されているもので、異常破裂する危険性が高い特定のインフレーターを使用したエアバッグを搭載した未改修車。

 車検申請を受けた運輸支局等では、自動車登録検査業務電子情報処理システム等を活用して、措置対象未改修車両の場合は車検で有効期間を更新しない。該当する場合は、ディーラー等にて改修を行なった上で車検を受けることが必要となる。

 なお、国交省では今回のリコール改修促進策について、電子政府の総合窓口(e−Gov)において8月30日〜9月29日の1カ月間パブリックコメントを実施する。

 

 


引用元 http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078217.html



いままででもリコールが出てるお車で、車検を受けると車検証更新時に

この車にはリコールの案内が出ていてまだ対策されていないので速やかにリコール作業を受けてください

という案内文書が一緒に発行されてましたが車検そのものは通ってました。
有効期間は取りあえず更新されてその後でも作業をすれば良かったのですが今回はその措置から一歩進んだような扱いですね。
それだけこのエアバッグ問題が深刻で、なおかつ現存車両が結構多い上に対策されていない車も多い、という扱いを受けてると言うことなんでしょう。



とはいうもの現実的な実情と照らし合わせると、整備業を営むものも検査場へ行ってからリコール未対策車と言うことがわかった、てなことで約束の納期が遅れたり、ディーラーもすぐに作業できるかどうかは人的なキャパに限界があるのでパンクしてしまうかもしれませんね。
そうするとますますお車を預かる日程が伸びるということになりいろんな面で困った場面が出てきそうな予感ですね。

 

 

 

 

 

 

 

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 23:08 | comments(0) | - | - | - |
日産モコ(スズキMRワゴン)の車検
日産モコ スズキのMRワゴンのOEM車です 平成20年式 走行約13万

ss-P1160837.jpg


ご来店はネットでの検索でしたがいまやおなじみ様になっていただいたお車です。
当店を気に入っていただいてるようでほんとにありがたいです。

この度も車検整備をご用命いただきましたので整備内容の報告も兼ねてアップします。


日頃からお車の消耗品については見識があるお客様なので日常の整備はほぼ完璧。
整備工場ならではの点検と整備がご希望です。


前ブレーキ
ブレーキパッド残量2.5ミリ。
交換時期はビンゴでしたね

ss-P1160838.jpg

ss-P1160839.jpg



後ブレーキ
残量はまだOKでした

ss-P1160843.jpg

ss-P1160844.jpg

ss-P1160845.jpg



プラグは整備記録からも3万卅っていますので予防整備も兼ねて交換。
プラグの摩耗によるイグニッションコイルへの影響を考えるとこのあたりで交換がお勧め。
もしコイルまで壊れると痛い出費ですからね。

ss-P1160848.jpg

ss-P1160850.jpg



ブローバイガスというエンジン内で発生する未燃焼ガスを再度エンジン内に戻すためのバルブパッキンが寿命でオイルと混じったブローバイガスで汚れてました。
パッキン変えて汚れを清掃。
きれいなヘッドカバーは気持ちいい!

ss-P1160849.jpg

ss-P1160852.jpg

ss-P1160854.jpg

ss-P1160855.jpg


エンジンへの空気ダクトの取付クリップが風化して脱落。
ここのクリップがなくなるとエンジンの振動とともにこのダクトが音を出します。
その音が思いもかけず室内に響いて不快ですので当店ではほぼ車検ごとに交換します。

ss-P1160856.jpg

ss-P1160857.jpg



あとは金色と思ったホイルは清掃したら実はシルバーでしたという笑い話

ss-P1160858.jpg

ss-P1160859.jpg



岸和田からお越しのS様
今後ともよろしくお願いいたします。

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 16:40 | comments(0) | - | - | - |
夏期休暇のお知らせ
images.jpg
勝手ながら
8月11日(金)〜8月16日(水)まで夏期休暇にてお休みさせて頂きます。

もし故障や事故でお困りの節はJAFもしくはご加入の保険会社のレッカーサービスなどご利用の上急場をしのいでください。
595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 11:28 | comments(0) | - | - | - |
初代ワークス CA72V 15回目の車検

アルトワークス CA72V 昭和62年式
通称 「初代アルトワークス」 ですね。
何度のなくこのブログでも掲載してますがこのたび30歳になりました。
15回目の車検を終えたので記念撮影しておきました。

ss-P1160785.jpg

少しだけうんちく
軽自動車初のツインカムターボ車としてこの世に誕生。
550cc(当時の軽自動車の排気量)で64馬力。
バイクのようなエンジン回転数でタコメーターは9500回転からレッド。
まあとにかく走る走る。
ちなみに現在の軽自動車のターボ車の馬力が64馬力に横並びなのはこのワークスがたたき出した馬力が「これ以上はだめ」と当時の運輸省からの通達がいまでも生きてるから。
30年前の通達がまだ・・・


まあいまとなっては普通の軽のターボ車に全力で必死についていくという感じですが当時は画期的でした。

ss-P1160786.jpg

ss-P1160787.jpg

ss-P1160788.jpg



そんな走りをこのご老体に強いてあげるのもかわいそうなので最近は

「動態保存」

を心がけてますが、いまでも本気を出せば・・・なんとやら。



グレードもRS-Xというスポイラーいっぱいのグレードが一般的でしたが、これはRS-Sという改造ベースの飾りっ気のないグレード。

ss-P1160792.jpg





新車からのシートはスポンジがぼろぼろに朽ち果てて仕方なしにグレード外の中古で手に入れたピンクのシート。しかも4WDと書いてある。
本来はシルバー色の地味なシート・・・
少しだけ残念。
オリジナルの方が渋くていい。

ss-P1160793.jpg

ss-P1160794.jpg




生まれが昭和ですから車種別のオーディオ取付のためのオプション部品は結構売ってました。
これなんかもパイオニア謹製のこの車専用のオーディオボード。
オーディオの取付にこんな厚さ10ミリの合板を使うなんていまはマニアしかしません(笑)
当時はごくごく当たり前な話でした。

ss-P1160795.jpg



いろんな部品が製造中止で、どこかが壊れたときには四苦八苦しそうで恐ろしいですが動かせる間は動いてもらいましょう。


チラ裏の乱文失礼しました

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 00:24 | comments(0) | - | - | - |
回転部分の突出禁止規定及び排気管の開口方向規定の改正について

車検のルールは時々見直されて時代に沿って少しずつ改定されていきますが、久々に大きな改定がありました。
1139_n.jpg

回転部分の突出禁止規定及び排気管の開口方向規定の改正について

というお知らせです。


自動車のタイヤ&ホイルはその定義で言うと「回転部分」と言います。
その回転部分は車体からはみ出してはいけない、という根本的なルールが保安基準創設時からありまして、暴走族の車など、このルールを破ることが社会への反抗の象徴みたいな扱いでした。
ま、いまでもそんな車は時々見かけますが(笑)

車検に入庫してきた車が車体からはみ出してたときに自動車修理工場には戦慄が走ると言っても過言でないです。

タイヤがはみ出してるのでこのままでは車検通りません

とかいうやり取りが全国津々浦々で行われてきたんです。
 

その基本中の基本の「タイヤのはみ出し」が細かい規定はありますがざっくり言うと10ミリまで許しましょう,と言うルール改定がありました。
これは整備業界ではなかなかのビッグニュース。

 

一般には「へ〜」という程度のことですがたぶん今日は日本国中の自動車整備業に携わる人達の中ではビッグニュースでしょう。

 

 

あと以外に知られてない「排気管の開口方向」
歩行者に排気ガスが掛からないようにとかいろんな理由で

 

排気管は進行方向に対して左右に開口してはならない。
仮に左右向きに出したとしても進行方向に対して30度まで。

 

と言うルールもありました。

 

これも今回制限がなくなりました。



全く根拠はないですが、自分なりの経験で考えると自動車の車検のルールが変わるときはおおよそ「外交的な配慮」、悪く言うと「外圧に屈して」ルール変更が行われてきましたので、今回も外車にそういう車が増えた、というのが一因では?と思います。
外国はマフラーの向きが反対なので日本で売るためにはそれ用の仕様に変更して日本で売らないといけないんです。
そこにはコストが掛かるため外車メーカーは価格的に不利になりますからね。


以前は二人乗りOKだった高速道路は2輪バイクが死亡事故が続いたため「高速道路での二人乗り禁止」という道交法の改定があり不便になりました。
外国のバイクメーカーから「そんな法規があるから我が国の大型バイクが売れない」という横やりが入り、現在は二人乗り禁止はなくなりました。


国内のルールが世界からみると稀なルール、と言うことは多々あるようです。
その独自ルールも国境を越えて混じるときにはすりあわせが必要なんでしょうね。
いいか悪いかは別問題ですが・・・

595-0063
大阪府泉大津市本町5-23
二葉モータース
TEL 0725-32-1741
ホームページはこちら

| 車検 | 15:08 | comments(0) | - | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


このページのQRコード
qrcode
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ