プリウスの車検時におけるプラグの寿命判断

点火プラグという部品はエンジンがガソリンを燃焼させて出力を発生させるためにはとても重要な部品です。
同じ働きをしてるもので日常でよく見るのは、ガスコンロを点火しようとしたときにパチパチと火花を飛ばしてそのきっかけでガスを炎にする、もしくは100円ライターのスタートも火花ですね。
若干原理は違うとは言え火花をきっかけに燃料を燃やす部分では同じ事です。
この点火プラグは電極と電極の間に火花を飛ばしてガソリンに点火するわけですが、火花を1回飛ばすごとに電極が消耗してしまいます。
左が新品で右がお疲れプラグ。
電極の隙間が広がってます。
ss-DSC_7131.jpg
メンテナンスフリー、のかけ声と共に昨今の自動車はこの電極の摩耗を極力抑えた点火プラグを使ってます。
電極に白金チップを使ったりイリジウムという金属を使ったりして、コストは上がるもののできるだけ交換しなくていいようにいろいろがんばってるわけです。
この高級なプラグというのは見た目にはほとんど電極が減らないためちゃんと働いてるのかくたばってるのかを見極めることが難しい。
一昔前なら明らかに電極が減って、一目見ただけで【これは交換】と判断できたんですけどいまはなかなかわかりにくいので走行距離によって判断したりしてます。
昨年、自動車整備のセミナーでNGKという点火プラグのメーカーさんが出張講座を開いてくれまして、その時に今どきのプラグの寿命判断方法を教えてくれました。
それは「奧飛火」という判断方法。
本来プラグの火花は電極の間を飛ぶものです。
それなのにプラグがくたばってくると横に火花が逃げてしまう。
2019年02月06日21時59分36秒_10.jpg
これを奧飛火と呼ぶそうで、その現象が起きたら「痕跡」が残ってるんだとか。
2019年02月06日21時59分36秒2_10.jpg
その痕跡を見極めるとプラグの劣化度合いの判断材料になると教えてくれました。
機械のメンテナンスには昔から言われるのが
経済寿命

物理的寿命
があります。
文字列の通り、機械の性能が落ちたまま使い続けると日々のコスト(自動車で言うなら燃費ですね)がかかってきて、最後には物理的寿命を迎える。
物理的寿命を迎えるまでの損失はその機械によって違うんですけど自動車はわりと日々のコストと本来の性能の維持が大事な機械のうちに入るでしょう。
プラグも経済寿命で交換していった方が余計なガソリン代を払わなくていいのでは、と思ってます。
エンジンオイルはそのもっともたる部品ですね。
さて車検で入庫してきたプリウスですが距離は登録から5年で約85,000㎞。
メーカーが指定してる点火プラグの交換距離はなんと200,000㎞。
200,000㎞まで何もしなくていいよ、と決められています。
とはいうものの、車検時における点検項目の中には
プラグの点検(白金プラグは省略可)
という項目があり、省略可、なのかもしれませんがプラグを点検してみました。
プリウスはプラグを4本使ってます。
ss-DSC_8501.jpg
ss-DSC_8503.jpg
ss-DSC_8504.jpg
ss-DSC_8505.jpg
写真を撮影するのは難しいですが4本とも「奧飛火」が発生してます。
NGKはプラグメーカーなので1本でもプラグを交換して欲しい立ち位置(笑)であるので話を7割で聞いたとしても、やはり火花が横に逃げるのは気持ち悪い。
プリウスなのにこの距離で奧飛火が発生し始めるのか、と驚きました。
しかもプリウスは走行中時々エンジン止まってます。
全走行距離にわたってエンジンが回り続けてるわけでもないのですが既にこの状態。
なので交換させていただきました。
自動車は一律この時間とこの距離で交換、という基準はあくまでも目安であって全部の車は状態が違っています。
その状態の違いを把握してできるだけお客さんが無駄なお金を払わずに済むように適切な整備を提案するのが我々の経験と勘。
整備についてのマニュアルは現在においてはそれなりに揃ってますが、さじ加減、というものはまだまだ必要なのでは?と常々思っています。

トヨタパッソの車検 泉大津での車検はふたば車検

トヨタパッソ KGC10 平成19年 約35000キロ
リピートで車検させてもらいました。
ss-DSC_5779.jpg
ユーザーさんはメンテナンスに対してはとてもご理解の深いユーザーさんですから、ご自分で出来る範囲はご自分で手配、当店での作業は提案させていただいた内容全てをご承諾いただきましたので作業開始です。



作業内容ご報告を
ブレーキフルードの汚れ
ss-DSC_5781.jpg
ブレーキパッド残量
ss-DSC_5782.jpg
タイロッドエンドブーツのひび割れ
ss-DSC_5784.jpg
リヤブレーキの清掃&ドラム固着防止&隙間調整
ss-DSC_5785.jpg
ss-DSC_5786.jpg
ss-DSC_5787.jpg
ss-DSC_5788.jpg
ss-DSC_5790.jpg
ss-DSC_5791.jpg
ss-DSC_5795.jpg
フロントブレーキ
ss-DSC_5797.jpg
ss-DSC_5798.jpg
タイロッドエンドブーツの交換
ss-DSC_5799.jpg
ss-DSC_5800.jpg
ss-DSC_5801.jpg
ss-DSC_5802.jpg
ロアアームボールジョイントブーツの交換
ss-DSC_5803.jpg
ss-DSC_5805.jpg
ss-DSC_5806.jpg
このパッソはトヨタで販売してますが実はダイハツ社製
ダイハツ車は軽自動車を含めエンジン直後の排気管のパッキンが『キュキュ』鳴るのがあるあるで、ガスケットを交換すれば音が止まります。
ユーザーさんが『音が気になる』とのことなのでご希望に応えます。
ss-DSC_5807.jpg
ss-DSC_5809.jpg
ss-DSC_5810.jpg
このボルトは出来れば交換しておく方が将来、また音が発生したときに緩めやすいので交換しておく方がいいですね。
ss-DSC_5811.jpg
ss-DSC_5812.jpg
あとはブレーキフルードの入れ換え
ss-DSC_5813.jpg
ss-DSC_5814.jpg
そして最後はエアコンガスリフレッシュ(エアコンガス規定量充填サービス)
ss-DSC_5815.jpg
ss-DSC_5816.jpg
ss-DSC_5818.jpg
和泉市からお越しのNさま
車検作業の内容は以上の通りです。
再度のご入庫いただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

トヨタパッソの車検 ブログのご愛読者から車検入庫いただきました

トヨタパッソ KGC10 平成19年 走行27000㎞
メールにてお問い合わせでご来店いただきました。
ss-P1140661.jpg
ご要望をお伺いし、かなりメンテにはご理解のあるお客様である程度は自分でする、とのご要望と、当店にお任せいただく内容の打ち合わせをさせていただき着工しました。
当店のことはずっとブログ見てましたとのうれしいお言葉
ご希望にお応えすべく張り切ってまいりませう~!!
整備する順序はいろいろあると思いますが、自分はいつの頃覚えたのか、親父・過去に在籍した従業員・他工場の整備してるひと、などなど思い出しますが、正直思い出せません。
すべて「見習った」という方がいいかも。
あまり口頭で「ああしろ、こうしろ」と習った覚えは無く、全ては自分の興味から覚えていったのかなあ?
と言うわけで自分の手順はブレーキから
ss-P1140663.jpg
ss-P1140665.jpg
目視から入って、基本は清掃。
清掃の中に不具合発見の手順ありという感じ。
あと信念として
次に分解するのも自分
というわけでハメ合わせとかのサビは取り除きます。
分解の時にさび付いて大変なことになるとなんか情けなくなる性格なので、
次には絶対、苦労せず楽して分解してやる
と言う思いですね(笑)
後のブレーキ
ss-P1140670.jpg
ss-P1140671.jpg
ss-P1140672.jpg
ss-P1140673.jpg
そしてモリブデンで乾燥潤滑
ss-P1140681.jpg
きれいにお化粧です
ss-P1140682.jpg
前ブレーキ
表面の硬化した部分を一皮むいておくと効きが復活、と信じてる
ss-P1140683.jpg
ss-P1140684.jpg
あとこのブレーキパッドサポート
グリス塗る人もいますがどう考えてもブレーキの粉でどろどろになるので自分は乾燥潤滑にこだわってます。
前回の整備はグリス有りだった模様
ss-P1140686.jpg
油脂分はきれいに落として
ss-P1140687.jpg
モリブデン加工
ss-P1140688.jpg
ここの滑りを確保するだけでも絶対ブレーキは効く、と信じてます
そしてブレーキパッドとパッドシムの間のグリスを打ち替え。
ワコーズ社製の専用グリスを使ってます。
耐熱性から来る寿命の長さがいいので愛用してます。(かなり髙価~)
ss-P1140691.jpg
ss-P1140692.jpg
一番外にはグリスは塗らない派です。
理由はパッドサポートと同じ。
ss-P1140693.jpg
ローターの接合部も必ず一度錆びて固着してる部分を外してすきまに潤滑剤
ss-P1140699.jpg
ss-P1140701.jpg
ブレーキキャリパーのスライドピンへの注油も欠かしません。
大阪では凍結防止剤などまかないのでピンが固着してる車は少ないですが、これも必須。
ss-P1140695.jpg
ブレーキフルード入替
ss-P1140703.jpg
ss-P1140704.jpg
そしてエアコンガスリフレッシュ。
デンゲン社製エコマックスジュニアⅡで規定量にバッチリ合わします。
ss-P1140710.jpg
ss-P1140707.jpg
吹き出し温度も計測
この日の外気温は28.3度
作業前のエアコン吹き出し温度は12.9度です。
エアコンガスを一旦回収して重さを量り、リフレッシュしたガスと新しいガスを追加して規定量充填。
全て「重さ」で管理するのがいまのエアコン整備です。
小排気量車であればあるほどエアコンがオンの時のパワーダウンが顕著になります。
それを防ぎ、なおかつ冷房能力を高める
ニューテック社製
コンプブースト NC-200
軽自動車には特にオススメです!
ss-P1140711.jpg
NC-200を新ガスと同時に充填出来るのもエコマックスジュニアⅡのいいところです。
回収ガス量は160gだったので規定量の約半分しかガスが無かったことになります。
これで300gきっちり入りました。
ss-P1140718.jpg
施工後の吹き出し温度は9.1度になりました。
作業してる自分もうれしくなりますね(笑)
ss-P1140716.jpg
和泉市からお越しのNさま作業内容のご報告を兼ねてブログをアップしました。
引き続きブログのご愛読&お車のお世話はお任せ下さい。
当店を選んでいただきありがとうございました。

パソコンがご縁の車検入庫です

自分はパソコンの組立とかが趣味で、過去に壊れたハードディスクの復旧をお手伝いしたご縁で車検入庫して頂きました。
いろんな方面でお付き合いは大事ですね
トヨタ ランドクルーザープラド TRJ120W 平成21年5月登録 約7万㎞
小型車のお客さんが多いうちとしては久々のでかい車です。

ブレーキの前と後
残量はばっちり!あとで清掃しておきました。


ブレーキフルードの入替


本来の透明なフルードに入れ替わりましたよ

時々、雪山のレジャーに行かれるというユーザーさんですので足回りは凍結防止剤でサビ多め
ホイルとの接合面がサビでふくれて、アルミホイルが食いついていました。
こう言うところをちょっと一手間掛けてきれいにしておくと次回の車検の時も「ホイルが外れない」てなトラブルから逃避できます。
基本は「次も自分が分解する」という気持ちひとつで整備が確実なものになると信じてます。



エンジン用のエアフィルターを交換。
いつもながら落ち葉がどのようにここまではいるのかを想像してしまいます。
すごい偶然のなせる技だと思うのですが・・・

エアコン用のフィルターも定期交換
車検ごとの交換が快適な車内を確保してくれますよ


最近合格しにくくなったヘッドライトの光軸調整
ほんとに気を遣って合わしますが時々不合格を頂く。
そのたびに「うちのせいでは無く車検場のテスターの曖昧さが原因」と悲しくなります。


そしてこれからシーズンを迎えるエアコンのための、エアコンガスリフレッシュ!
一旦エアコンガスを全て回収して精密はかりで重量計算。
規定量と比較して足らない分を追加してぴったりの充填量に合わしして注入。
いままでみたいに圧力計では測れない「重量管理」がまず基本です
ちゃんとランドクルーザープラドは「600g」と規定量が明記されていますので「重さ」で管理。
これいまの標準ですよ。
スタンド、へたしたらディーラーでも導入してないんです。

デンゲン社製 エコマックスジュニアⅡ。
これが全ての重量管理をしてくれます。
車検時で無く普段でもエアコン使う季節になったらぜひどうぞ!

規定量にきっちり合わして注入したら教科書通りの圧力になりました。

高石市のW様  ご入庫ありがとうございました。
パソコンサポートも引き続きお世話していきますよ~
車もパソコンもいろんなこと、ご遠慮なくご相談下さいね!